04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

hamu's Blog

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

弾受け軽量化 

今回は弾受けの軽量化です。

私が作るRSSはゴムチャージのし易さや連射性、命中精度など(その他にも色々理由はありますがw)の観点から二号機以来弾受けは主に金属なんですが、金属弾受けの最高の弱点と言えるのがエネルギー効率の悪さ=初速の低さです。

二号機の場合、5.5gの弾丸を発射するために約9gの弾受けも弾丸と同じ速度まで加速しています。

仮に上の場合初速50m/sで弾丸を打ち出す場合、弾丸のエネルギーは6.9ジュール、弾受けは11.3ジュールとなりますが、弾受けのエネルギーはすべて無駄になります。モッタイネー

革やロープの弾受けはせいぜい1~2g程度ですから金属弾受けは圧倒的に重く非効率です。

ですから、弾受けの軽量化はとても重要な事なんです。


で、いざ軽量化するといっても、POM製の弾受けの重さも判らないしアルミ製の弾受けの重さも判らないと話しにならないですし、かといって秤を買うほど予算も出せないので比重と体積から無理やり重さを出してみました。


POMの比重は1.4でかなりアバウトながら弾受けの体積は約6200m㎥、よって重さは8.7g

アルミの比重は2.7で弾受けのアルミ部分の体積は3993m㎥、よって重さ10.8g


軽そうな感じですが、アルミのほうはアルミ部分のみで計算しているので実際はPOM製の弾丸ポケット部の重さも含まれるためさらに2g程度重くなります。よって12.8gぐらいになります。


・・・POM製と同じ重さにするには約4gも軽量化が必要!これは相当きつい値です・・・

と言うのも、軽量化はアルミに穴空けして軽量化していくのですが、穴1個でどれだけ軽くなるか計算するとこれがどれだけ大変か判ります

厚さ3mmのアルミに穴を開けた場合
1.5mm穴→0.014g軽量化→穴71個で1g軽量化
  2mm穴→0.025g軽量化→穴40個で1g軽量化
2.5mm穴→0.04g軽量化→穴25個で1g軽量化
  3mm穴→0.057g軽量化→穴17個で1g軽量化
  4mm穴→0.1g軽量化→穴10個で1g軽量化

つまり4g軽量化するにはめちゃくちゃ穴あけまくらないと無理!

とりあえず1.5mm穴を適当に空けてみたところ。
CIMG0377.jpg
こんなもんじゃ全然軽量化になっていないw


夢中になって穴開けまくったので途中の写真取り忘れましたが、最終的にこんな穴ボコになりました。
CIMG0379.jpg

裏側。
CIMG0381.jpg

どれだけ穴あけたかというと、
2.5mm穴x46個
5mm穴x2個
2mm穴x2個
で合計2.21gの軽量化
よってこの弾受けの重量は約10.6g
たった2gの軽量化?って思うかもしれませんがこんなもんです・・・

手に持った感じだと相当軽くなってるんですがね~

中央付近は未開拓ゾーンがあるのでそこも穴空けすればあと1gはいけると思いますが、剛性が心配なのでとりあえずこれで試射予定です。

テフロンシート張って完成。
CIMG0382.jpg
この良く出てくるテフロンシートはホームセンターでフスマの滑りを改善するシートとして売ってます。商品名は忘れましたw


さて、週末は試射だ!(何度目の試射だよと)

Category: 三号機製作

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yhamu.blog55.fc2.com/tb.php/51-7051e1f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。