10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

hamu's Blog

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

給弾機構周りの最終調整完了 

給弾機構周りの最終調整も終わりました!

マガジンには計6発装填可能で6発すべて撃ち切れます。

マガジン内のスプリングが強いため給弾レバーを戻す際、マガジン内部で残弾が競り上がった時の音が「ガゴン」と結構煩い事と、弾丸保持用磁石が予想外に強く弾丸を吸い寄せてくれたため、銃口を斜め下45度程度下げた状態でも問題なく装弾操作がでた事意外、構想通りの作動を見せてくれ満足です。

レイル内に収まる物はこれですべてだと思います。
CIMG0271.jpg
黄色いテープはセーフティ装置を組み込めないかどうか検討していた時の名残です。組み込むとしたらグリップ付近に組み込みたいんですがもはやスペースが無い・・・

マガジンの頭と弾丸スロープ付近の写真です。弾丸スロープの頂上に見えるのが弾丸保持用の磁石です。
CIMG0273.jpg


さていよいよ命中力テスト!と行きたい所なんですが弾受け止めを取り付けていた部分のメインフレームが締め付け圧により凹みがついていて対応策を考え中です。

そもそも弾受け止めに伝わるエネルギーをM6ボルト2本の締め付け圧だけでフレームに伝えること事態無理があるので、この部分をアルミで補強しつつ弾受け止めと凹凸により噛み合うような構造にしたいところなんですが・・・

銃先端部分が確実に100~200gほど重くなるので躊躇しています。

Category: 三号機製作

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yhamu.blog55.fc2.com/tb.php/37-de55d634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。