03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

hamu's Blog

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

いつの間にか11月に! 

いつの間にか2ヶ月近くも間が空いてしまいました。
しかもまだ完成どころか撃てる状態にも成ってないっていう・・・・

でもあと2ヶ月くらいあったら試射できるんじゃないかな!(他人事

とりあえず現状。
DSC_0123.jpg
なんか数ヶ月前からあんま変わってない気がしますが、パーツは少しづつ完成していってるんですよ?

試しに作ってみた45°傾いたサブレールの基部。45°レールはもうついてますが、上端部分には水平もしくは2°くらいピッチ方向に傾けたレールをつける予定です。取り付けは↑の写真のレール基部後部の溝にはめて使う感じです。
DSC_0126.jpg
実際にこの向きで装着してドットサイトも載せて構えてみたところ、ストックが巨大な事もあって非常に構えにくい事が判明。しかし逆向きにして右側に45°傾けて構えるのは楽だったので右側は45°レール、左側は水平レールで使う事になるとおもいます。


DSC_0124.jpg
この穴は内部構造がしっかり動作しているか確認するためと給弾トラブルが発生した際のリカバリに使う穴です。五号機の反省からできた穴とも言えます。
ちなみに

五号機・・・撃てる状態で内部構造の動作状況を確認できないリカバリも棒等で突いて直せる程度の事しかできない。給弾や機関部周りにフルアクセスするのにネジ30本程度の分解が必要。

六号機・・・カバー類をはずせば撃てる状態を保ちつつ内部構造の監視とリカバリが可能。その状態からネジ4本を外せば給弾機構へフルアクセス。さらに4本はずせばストック内部の電装、ギアボックスにもアクセス可能。

思い出すだけでも恐ろしい整備性の悪さ・・・

ネジ4本はずせばこんな感じで内部にアクセスできます。
DSC_0125.jpg
六号機は最終的に自動給弾になりますが、めんdとりあえず最初は手動給弾で様子見するとおもいます。
ちなみにまだシア等の機関部はできていないのでトリガーは何とも繋がってません。


これが六号機の弾受け。ついにアルミ合金の総削りだしになってしまいました。肉抜きはまだ割と適当です。
DSC_0127.jpg
弾受け単体で重量7gを切ってますが、レールとの接触面には超高分子ポリエチレン系の樹脂シートを貼ってあるのでその分重くなって7.1gくらいになってます。五号機の弾受けもフル装備状態で7.1gほどでしたが、あれはゴムの取り付けに輪ゴム2つを使うので実質7.4gほどになります。六号機のコレはゴムを直接通す方法なので取り付けに輪ゴム等は要りません。


ストック部分の電装。
DSC_0128.jpg
電装をしまうには十分なスペースがあったので、基盤から伸びるのスイッチ類の配線をすべてソケットに集約したり、電圧計を仕込んだりと五号機でできなかった事を一通りやったのですが、チャージングハンドル的なものを作るのが面倒だったので巻き上げ開始スイッチはただの押しスイッチに今のところなってます。一番最初の写真のストック前方からちょろっと出てるのがソレです。

ストック側面の電圧確認スイッチを押せばこんな感じに電圧が見れます。
DSC_0129.jpg
満充電してから2~3ヶ月は経っているのですがずっと9.9V表示なのでLiFeの自己放電の少なさには驚かされます。ほぼ同時に満充電した9.6Vのニッカドバッテリは2ヶ月で7V以下まで下がってもう中身空っぽの状態です。まぁこのニッカドは年代物で死にかけてるバッテリなので比較するのは可哀想ですが。

で、今は機関部のパーツを切り出していてこれはそのうち出来上がると思うのですが、未だに形すら決まらないのがゴムの取り付け部分です。

三四五号機とネジと押さえ板でゴムを押さえつける構造のゴム取り付け方法をしてきました。この方法はゴムの厚さや幅が変わっても柔軟に対応できるので便利だったのですが、六号機にこの方法を適用すると取り付けネジが今までの倍になってメンテナンスがわりと面倒になるのです。それでワンタッチとまではいかなくても楽にガッチリとゴムを固定できる構造は無いものかと悩んでいて中々制作まで進みません。もうちょっとで閃きそうなんですが・・・(なんかいつもこれ言ってる気がする

そうこうしてる間に面白いレール構造を思いついたり、それを使って今までにないアプローチの仕方で次期RSSのラフ設計をしてしまったりとわりと迷走してますが電動のRSSとして六号機はしっかり完成させるので安心してください。


あと、ちょっと色々忙しいので次の更新もしばらくできないと思います。

Category: 六号機関連

tb 0 : cm 2   

コメント

質問なのですがこう言うのって販売する予定などはありませんか??

TIK911 #- | URL | 2016/01/28 09:30 [edit]

ありません。

はむ #- | URL | 2016/01/28 18:41 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yhamu.blog55.fc2.com/tb.php/268-ae5a18ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。