09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

hamu's Blog

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

内部構造製作中 

もう8月ですね・・・暑いので加工は進みませんが塗装は進みました(汗

どーん
DSC_0111.jpg
とりあえず追加加工の可能性が低いパーツを塗装してみました。あとレシーバー周り(レシーバーといってもただのカバーみたいなものだけど・・)とギアボックス周りとレールパイプの塗装が残ってますが加工が終わってないのでこれらを塗装するのはまだまだ先です。

まだ未完成でもこうして組み上げてみると六号機の雰囲気が伝わると思います、この形好きですね私は。五号機?知らない子ですね・・・

内部構造は一部パーツの切り出しや穴あけは終わってますが、未だに紙に書いて構造を練り直したりしてるのでもうしばらく時間がかかりそうです。牽引部分も作ったことのない構造が一部あるので大変ですが、給弾部分が思ってた以上に大変な感じです。ギミックそのものよりも高さ10mm幅30mmの中に給弾機構の可動パーツをを組み込まねばならない制約がキツイ感じです。もう少しで良い構造を閃きそうなんですが・・・うーむ。

Category: 六号機関連

tb 0 : cm 3   

コメント

製作お疲れ様です。塗装するだけでずいぶん印象変わるものですね!

 ちょっと心配なのは、ゴムをこのサイズの筒に通してしまって大丈夫なのかという事で、伸縮時にゴムが内壁に接触して初速・精度に悪影響を与えるのではないかと思うのです。ニコ動に上がっている筒内にゴムを通すスリングライフルは加速距離と弾の重量・形状の割にしょっぱいパワーでしたし、私もヨークを延長することで物理学的には初速低下すべきところで初速向上が起こるという実験結果を得ています。
はむさんは初速にはあまりこだわっておられませんが、ゴムの接触によって弾受けの乱れ、グルーピングの乱れが生まれるのではないかと心配です。 杞憂でしょうか?

息子 #- | URL | 2015/08/05 00:40 [edit]

お久しぶりです。

一応、プーリー(前回の2枚目の写真に写ってるやつです)によってゴムが内壁やそれ以外の場所に接触しないように設計はしてるんですが、プーリーの回転ロスとゴムの収縮方向を曲げる事によるロスなどはどの程度初速に影響がでるかやってみなければわかりませんねー。ロスがどの程度あるのか調べるにはまず弾速計が必要なので六号機が完成したらそのうち買うと思います。(PCの更新に資金が流れる可能性アリ・・・w)

あと弾受けやグルーピングの乱れに関してはレールと球受けの精度次第なので、筒内部を走らせる事自体は問題ない・・・と思いますがこちらもやってみなければ(ry

意外に思われるかもしれませんが単純な幅という意味では五号機のメインレールに使ったCチャンネルより今回の六号機につかっているパイプの方が10mmも太いんですよ。もちろん五号機は内部にゴムなんか走らせなかったですし、□と○じゃ有効に使える断面積も違いますが。

はむ #- | URL | 2015/08/05 23:37 [edit]

僕のオープン式は加速時カスル可能性のある所は限られてるんですが
カスル位置より+10㎜余裕を取りました冬と夏のポウチ湿度の違いでステンのシアーで離れ際粘り違いが原因のようでそれが振り上げ角度の違いになります
ゆえに可変マウント+の打ち上げ角度もハッキリ解りにくいと言う…
で50メートルを撃つとわかるのですが ゴムポウチかえたてでは、まだ安定せずは20センチ弱位右へ左へターゲットへの着弾、零自体が動くんですよね
銃のヨークと止める所がゴムポウチに対して自然に作り出す加速直線(銃身)が安定するまで動いてるって感じで
どの位だろなと計算したら銃口が0,4㎜動く計算になりました
だから撃った衝撃で動く長㎜+0,4㎜
に+1上下センチづつ出来たら理想的なのかな?と思った次第であります。

t #- | URL | 2015/08/09 14:11 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yhamu.blog55.fc2.com/tb.php/266-c6c9b94f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。