06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

hamu's Blog

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

keymod 

最近、とりあえずハンドガード周りをレイルで覆いたくなるというレイル病が治ったんですよ。

治った原因はこれ。
keymod.jpg
keymodの仕様書です。泣く子も黙るインチ規格です。小数点表記だからぎりぎり許せますが、あいつらは平気で21/64インチとか正気とは思えない分数表記を使うので侮れません。

ま、要するに軽量化や放熱用の穴を各種デバイスの取り付け穴にしてしまえばピカニティレールなんていらなくなるしその分軽くなるから一石二鳥だよねって狙いのようで、二年以上前にこの規格が提案されたようです。


よし、採用。


できた
SC-1 4ver素
SC-1 4ver
keymodは穴が連続しすぎているため、それなりに部材を厚くしなければバーティカルグリップのような根本に負荷のかかる物の取り付けに向いていないようです。もっとも、keymod対応の各種デバイスはまだまだ出回っている数が少ないのですぐに何か取り付けるという事はなさそうですが。

ついでに45度オフセットマウントベースも装着してみましたが、後ろから見るとちょっとドットサイトが飛び出しすぎな気が・・
SC-1 4ver後ろ
45度オフセットな照準はしっかり本体も傾けて使う分には照準線の真下に射出軸が来るため、弾丸落差の大きなライフル型スリングショットに適した照準配置な気がします。

そういえば、最後まで悩んでいた部分の仕様が確定したので上のスクリーンショットは最終完成予定図になります。
悩んでいた部分というのはトリガーを電磁トリガーにするか通常式にするかで、電磁トリガーは多くのメリットがあるのですが、パワーの源となるソレノイドはとにかくデカくて重く、逆に小型軽量なソレノイドは要求電圧が24v程度になってしまうため巻き上げ用のバッテリーとは違う電源をさらに用意せねばならず、結果どうあがいてもコンパクトにはならないためボツになりました。

というわけで各部の仕様がほぼ完全に決定したのでようやくスペック(予定)を書けます。

全長:1360mm(分解時860mm)
幅:70mm
高さ:220mm
本体重量:4.5kg
加速距離:900mm
プリテンション量:150mm(17%)
実加速距離750mm
弾受け重量:5g前後
目標初速65mps以上
使用ゴム:セラチューブ赤1本(4本相当)
ゴム引き伸ばし率:4~4.5倍
装弾数:11mmパチンコ球5発

こんな感じです。

で、最近作り始めたギアボックス。
DSC_0086.jpg
とりあえずギアの軸間距離と軸径が狙い通りにできたので一安心。

Category: 六号機関連

tb 0 : cm 3   

コメント

滑車はゴムを折り返しにしなければ初速への影響は無いんでしょうかね?

M・Y #- | URL | 2015/04/08 22:07 [edit]

それだけはやってみなければわかりません。もし深刻なロスが発生する場合はもっと大径のパイプを使いレール径を拡張し、ゴムを内部に配置する形を試すかもしれません。

はむ #- | URL | 2015/04/09 00:00 [edit]

うーん・・・できればロス的にも問題なくこのスマートな外観で行きたいですね!

M・Y #- | URL | 2015/04/09 00:20 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yhamu.blog55.fc2.com/tb.php/259-114148d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。