06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

hamu's Blog

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

弾道計算ソフトを使ってみた 

わざわざ実射せずともある程度弾道を計算することはできないものかとグーグル先生をさまよっていた所、それなりにスリングショットでも使えそうな弾道計算ソフトを見つけました。

Hawkeというおそらくイギリスの光学メーカーが無料で提供しているHawkeBRCというソフトです。

http://www.hawkeoptics.com/brc.html

いまいち私も詳しい使い方がわかってないのですが、とりあえず球形状の弾丸の空気抵抗値?的なものを引用して初速65mpsで50mゼロインした場合の結果がこちら
弾道計算1
もちろんスリングショット用のソフトではないので痒いところに手が届いていない様な感じです。一般的なミルドットレティクル(ミルドットにも色々あるしFFPなのかSFPなのかや倍率も関わってくる事なので一括りにできないですが)なら50mでゼロインすると、4倍SFPなスコープなら60mで5ドットくらい下に着弾するようです。と言うことは5ドット上辺りだと40m前後を狙えるのかな?と思ったのですが痒いところに手が届かないソフトなのでそれが分かりません。

んじゃぁ仮にスコープの下側までびっしりメモリがあったらどのくらい有効に使えるのかと思いクロスボウ用のレティクルにしてみた結果がこちら
弾道計算2
このくらいまでメモリがあると50mゼロインでも70m先までエレベーションをいじらなくてもよさそうです。しかし、このクロスボウ用レティクルは上半分のメモリがほぼ無いので、上にもメモリのある一般的なミルドットレティクルのゼロイン距離±10m前後という幅と実質大差ないレティクルという事に・・・

そんなわけで、おそらく上から下までびっしりとメモリのあるレティクルだとゼロイン距離±20mをエレベーション調整無しで狙えるのでそんなスコープがあったら30m~70mまでそのまま狙える最高のスリングショット用スコープに成り得るかもしれません。

Category: 考察

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yhamu.blog55.fc2.com/tb.php/251-da9911e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。