10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

hamu's Blog

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

機関部とその他 

右側のシア2は本体に組み込む時に当たりを見ながら加工するつもりなのでこの様にただの棒状態ですが、機関部そのものは完成しました。四号機用と同じくレールフレームに組み込んで初めて完結する構造なので今の状態ではただのパタパタ動くシーソーですけどね。
CIMG0983.jpg
3mm+5mm+3mm+ネジ頭の横幅なので実質13mm程度の横幅しかありません。四号機用はスペースを切り詰める必要が無かったので25mmほどありました。

さて、次は難関の牽引パーツを作ろうと思います。三号機も四号機もRSSとして撃てる構造が完成して手動で試射をしてから牽引パーツを作るというのが流れでしたが、今回はレールが半分覆われていて手動試射ができないので今のタイミングで作ります。



残りの写真は切り出したパーツ類です。

まず可変マウントベース用のアルミ棒。今まで使ったことがない厚さ10mm幅20mmのアルミ材です。
CIMG0985.jpg

マウントレイルとスコープが乗ればこんな感じに。
CIMG0986.jpg
可変構造にするために3ピース構造で、真ん中の棒だけ可動するようになります。外装パーツは4月中に製作予定なのでマウントベースもその時に仕上げます。

次、見てもよくわからないと思いますが・・・アッパーフレームと上レールを繋ぎ、横方向と上下方向の剛性を高めるパーツです、前後方向の剛性はサイドパネルで確保します。
CIMG0984.jpg
これも四号機に使用したチャンネルと同じ50mm幅のやつです。切り出してちょっと加工するだけで使えるのでこのチャンネルが各所に使えるようにCADを書き直した位ですw

問題は切り出すのが結構面倒な事ですが・・・ああ、スライド丸ノコがほしい。

Category: 五号機関連

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yhamu.blog55.fc2.com/tb.php/199-2ebe835c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。