01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

hamu's Blog

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

改修 

まーた間があいてしまいましたが、制作の方は続いてます!主に設計変更ですが・・・(汗

まず、決めかねていたゴム取り付け部分の構造ですが、大体の構造が決まりました。
7ゴム
切削が大変ですが、ゴムの交換は簡単にできてゴム厚が変わっても対応できる様になってるはずです。

そして上記の通り切削が大変なのでパーツ数を減らす為にゴム本数を減らすことにしました。それと元々はチューブゴム用に設計したゴム偏向用のプーリー周りが平ゴムには窮屈だったので、これも変更。
となると弾受けの構造も変更。ついでに平ゴムだとレール内部のスペースがかなり有効に使えるのでレールパイプも一回り小さく変更。

それとギアボックスが入ったストック部分なんですが、これも元々はテーパーの無いチューブゴムを無理やり限界まで引っ張って初速を稼ぐつもりだったのでギア比を高めにするためにギア枚数を多くした事が災いしてか、全体的にでかすぎる事が判明しました・・・(3DCADで設計したのに何やってんだよっていう批判は全面的に受け入れますw

参考用に買ってみたクレインストックと並べてみた図
DSC_0136.jpg
・・・・・・てっきりちょっとデカイくらいだと思ってたらまさかの1.5倍増し、ショック。

で、このままでも機能には問題無い良いんですが、どうせなら電動ガンみたいにロアレシーバにギアボックスをぶちこんでしまおうということでロアレシーバ再設計。ついでに六号機のロアで問題になっていた部分を改良。

まだ未描写部分も多いのですが大体の新ロアのイメージはこんな感じ。
7ロア
基本的に今までの技術の応用なのですが切削量は確実に増えてるのでどのくらい時間がかかるか不明。


以上の改良点をざっと並べると・・・・
・ゴム本数の変更
・プーリー周りの構造変更
・弾受けの構造変更
・レールパイプコンパクト化
・ギアボックスをロアレシーバ内に移動
・マガジンのガワを四号機に使用したSCARHのものに変更
・マガジンハウジング大型化
・マグキャッチ方式をAR系の方式に


という訳でもうしばらく時間はかかります。
スポンサーサイト

Category: 六号機関連

tb 0 : cm 9   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。