04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

hamu's Blog

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

ギアボックス周り 

更新滞り気味ですいません。写真撮るのめんどくて色々忙しかった・・・気がする!

さてギアボックスですが、すでに配線すれば動くところまではできています。
左側面から
DSC_0089.jpg
撃ったあと突き出ている軸を押し込むとドラムがフリーになり、牽引部分が前進して弾受けを咥えて次の巻き上げに備えます。

下側からの写真。下部のフレームが未だできていないので中身丸見えです。
DSC_0095.jpg
でかいドラムのようなのは巻き上げ用のもので、完全アルミ削りだし・・・ではなく胴部分と側面のガイドの3パーツに分かれています。しかし例のなんちゃって旋盤工法で加工しているため、軸ブレはほぼありません。



内側
DSC_0091.jpg
レールパイプの台座がまだできていないので何もありません。完成時には配線とトリガーメカの一部がここに収まります。
後部から突き出ているフレームは先端に滑車パーツが取り付けられる予定ですがまだ出来てません。

予定ではすでにロアレシーバ内に給弾メカが組み込まれているはずなのですが、五号機から流用できそうだと思っていた残弾検知兼ボルトストッパー(ボルトなんか無いのであくまでも擬似です)の構造がそのままでは組み込み不可能だとわかったためちょっと構造を練り直し中です。
DSC_0092.jpg
レールパイプの台座はアルミ合金削りだし。五号機でジュラルミン削り出しがわりと余裕だったので、調子に乗って六号機ではアルミ削りだしパーツが随所にあります。本当はロアレシーバとかギアボックスも削り出したいんですが今の設備じゃ無理かなぁ。

レールパイプに取り付けるとこんな感じになるというイメージ
DSC_0093.jpg
なんかまだ木部0%なせいか、スリングショット作ってる感が無い。
スポンサーサイト

Category: 六号機関連

tb 0 : cm 7   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。