05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

hamu's Blog

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

PTC Creo Elements Direct Modeling Express 6.0 の使い方 その2 

その1からの続きです。

③パーツを増やす
パーツ1つだけでは3DCADを使うメリットがほとんど無いのでパーツをどんどん増やしていきましょう。

まず、左上の「パーツ」項目をクリックして何も考えずに緑チェックを押してください。
パーツ増やす1
こんな画面になりましたね。何が変わったのか分からないかもしれませんが、まずは左のp1p2w1w2w3と並んでいる部分を注目してください。なにやら緑色のアンダーラインが引かれてますね?p2にアンダーラインが引かれていると言うことは、【今から「プル」等を使ってパーツを作るとそれはパーツ2になりますよ】って事です。
そう、p1p2w1w2w3はパーツ1パーツ2ワークプレーン1ワークプレーン2ワークプレーン3の略なのです。
w3にアンダーラインが付いているとうことは、【今はワークプレーン3で作業していますよ、図形を書き込むとw3上に図形が描写されますよ】という事です。

ではこの状態でモデルパネルの「プル」を押して円柱を作ってみましょう。ワークプレーンの左側に作っても構いませんが、ここでは右側に円柱を作ってみてください。
パーツ増やす2
緑チェックで完了します。

次に左のp2の文字をダブルクリックしてみてください。
パーツ増やす3
この様になにやら矢印がついた玉のようなものが表示されます。この矢印をクリックする事でその方向に平行移動できるモードになります。
パーツ増やす4


また、矢印ではない円形の表示をクリックするとその円方向に角度の変更ができるモードになります。
パーツ増やす5
好きな角度でマウスをクリックすると位置や角度が固定され、緑チェックを押す事で確定します。
また、p2だけでなくp1の文字をクリックすることでp1も動かすことができます。

もし間違えた場合は左上の「元に戻す」ボタンでいくらでも元に戻せますし、戻しすぎても「やり直し」で1つ手前に戻れます。また、動かし方は上の様に直接操作でもできますが、より高度な操作で軸合わせや端面合わせなどもできます。上達してきたらチャレンジしてみてください。


以上でパーツを個々に動かして組み合わせたりすることが出来るようになしました。では次に、p1p2など作ったパーツをまとめて同時に動かしたい場合はどうすれば良いか紹介します。

まず左上の「アセンブリ」ボタンを押して何も考えずに緑チェックを押してください。
すると左にa1という項目が追加されましたね?そう、アセンブリ1の略です。
パーツ増やす6
そしてp1をドラッグしてa1の上にドロップしてみてください。するとa1の左の方に+マークが付いたはずです。この+を押すと
パーツ増やす7
この様にアセンブリ1の中に入っているパーツが表示されます。ではp2もa1の中にぶち込んでみましょう。同じ様にa1の上にp2をドラッグ&ドロップしてください。

これでアセンブリ1の中にパーツ1と2が入りましたね。

次はa1をダブルクリックしてください。するとパーツ移動の時と同じ様に矢印と球体が表示されます。ただ、以前と違うのはパーツ個々ではなくアセンブリ1内に入っているすべてのパーツが一緒に動かせる事です。
パーツ増やす8
これでパーツの集合体を移動させる事が出来るようになりました。

④パーツの切り替え
多くのパーツを作っていくと以前に作ったパーツの構造を変更したくなる事があると思います。その方法を紹介します。
例えばp1を再加工したい場合は、p1を右クリックします。
するとこの様に項目が出てくるので、「アクティブ化」をクリックしてください。
パーツ増やす9
すると今までp2の下にあった緑のアンダーラインがp1の下に付いているはずです。この様に現在アクティブなパーツにはかならずアンダーラインが引かれるので、パーツの構造を変えたい場合はそのパーツをアクティブにしてからプル等で作業を行います。

また、右クリック時にいろいろな項目が表示されたと思いますが、パーツの削除やワークプレーンの削除などもここで行うと便利です。


データの保存
最後に、データの保存方法を紹介します。
一番簡単なのは左上のフロッピーディスクマークの「保存」ボタンを押して名前を入力して保存する方法です。
まず左上のフロッピーディスクっぽいボタンの「保存」を押します。

すると新たなウィンドウが表示されるので、「全てのオブジェクト」をクリックした後、保存名を入力してから保存を押してください。文字通り全てが保存されます。

またアセンブリごとにも保存ができます。
その場合、まずアセンブリa1をダブルクリックしてから保存ボタンを押してください。するとすでに保存する対象が表示されているので保存名を入力してから保存を押すと選択したアセンブリだけの保存データができます。

データのロードは左上の「ロード」ボタンから行ってください。


以上で基本的な操作紹介は終わりです。
他にも
・下書きの活用
・面取り
・共有化
・質量入力
・シェル化
・軸合わせ
・回転プル

などなど色々な操作がありますが、基本的に上で詳しく紹介してきた操作のみで相当複雑な構造の設計が可能です。その他はほぼ「出来るなら便利」な機能ってだけなので、まずは操作に慣れてから徐々に覚えていく程度でOKだと思います。



以上、間違いや質問などがあればコメント欄でお願いします。
スポンサーサイト

Category: CADソフト関連

tb 0 : cm 6   

PTC Creo Elements Direct Modeling Express 6.0 の使い方 その1 

今回は、私がスリングショットの設計に使ってる3DCADの基本的な使い方を紹介してみようと思います。

「趣味の世界ごときに3DCADなんかいらねーし」
「俺の脳内CADで設計は完璧だぜ!」
「紙に書けばおk」

私にもそう考えていた時期がありました。しかーし、複雑な構造になるにつれて脳内CADでは追いつかなくなり、紙図面では膨大な枚数が必要になってきます。そうなってくると、3DCADで設計したほうが圧倒的に楽で正確な設計ができます。

ただ、設計の全てが3DCADで完結するとも考えていません。人によると思いますが、少なくとも私は素案レベルは紙に書きなぐり、構造がまとまったら3DCADに書き込んで形にしてみるという方法で設計しています。この辺りのスタイルはご自身で身につけてください。
では、前置きはこのくらいで設計を始めてみましょう。

※登録とダウンロードとインストールは適当に済ませてください。
※ここで紹介する操作方法は独学のため根本的に何かがおかしい可能性があります。

①パーツを作る
まずこのソフトを起動すると
CAD説明1
この様なチュートリアル紹介小窓が出てきます。素直に1度チュートリアルへ進む事をお勧めしますが、ここでは無視して話を進めます。

次にこの画面。
CAD説明2
画面中央に出ている薄緑色の枠が「ワークプレーン」と呼ばれるもので、このワークプレーンに図形を書き込み「プル」する事でパーツを作り出します。


では図形を書いてみましょう。
Untitled3.jpg
左上の作図パネルの中の「長方形」と出ている部分をクリックすると長方形を書けるモードになるのでワークプレーン上をクリックして始点を決め、もう1度クリックすることで形を決めます。

次は、できた図形を「プル」してパーツを作ります。左上のモデルパネルの中の「プル」を押すとこの様になります。
Untitled4.jpg
ここで距離の項目へ高さを入力するか、ワークプレーン上の出ている矢印をクリックすることで高さを決められます。高さを決めたら左上の緑色のチェックボタンを押せばプルが完了されます。このチェックボタンを押す事で1つの作業が完了されるので、覚えておいてください。なお、数値を直接入力する場合は半角で打ち込んでください。


高さを決めるとこうなります。
Untitled5.jpg
パーツが作れましたね!


②パーツをいじる
パーツの面に造形を加えたい場合は左上の「ワークプレーン」項目をクリックすると
CADパーツ変更1
この様に項目が出てくるので位置定義項目の「面に並行」を押した後、ワークプレーンを設置したいパーツの面をクリックし、左上の緑色のチェックボタンを押すと
CADパーツ変更2
こうなります。これでこの面に造形を加える準備ができました。

次に先ほど説明した長方形の図形を書くモードで下の様に長方形を2つ描いてください。
CADパーツ変更3
パーツの両端に適当な大きさの長方形が描ければOKです。

そしてこれを「プル」します。長さは適当でOKです。
CADパーツ変更4


すると大体こんなパーツが出来上がりましたね?
CADパーツ変更5
この様な操作を繰り返していく事により複雑な構造のパーツを作り出す事ができます。

さらに手を加えていきましょう。今度は穴を開けてみます。
先ほどと同じように左上の「ワークプレーン」を押し位置定義の「面に並行」を押した後、パーツの右手前の側面をクリックしてください。
CADパーツ変更6
右側面にワークプレーンが作れましたね?

次に左上の作図パネルの「円」ボタンを押すと円を描けるようになるので、パーツ右側面に円を書いてください。
CADパーツ変更7
こんな感じになります。

次に、最初にパーツを作った時と同様に左上のモデルパネルから「プル」をクリックしてから矢印をクリックしてください。
すると右側にマウスを動かすと緑色に
CADパーツ変更9

左側に動かすと紫色に表示されます。
CADパーツ変更10
左側に動かしすぎるともう片方にも穴がぶち抜かれてしまうので片方に収まるようにクリックし、緑色のチェックボタンをおして完了してください。

これで穴あけが終わりました!
CADパーツ変更11
これで基本的なパーツを作れるようになったはずです。

記事が長くなってきたためここで一度区切ります。

次はパーツを増やす方法を紹介します。

Category: CADソフト関連

tb 0 : cm 0   

練習中 

InventorFusion2013R1(以下IF)よさげです。使い方を0から10まで詳しく紹介してくれるようなサイトが見つからなかったのでInventor製品版の解説してるサイトを参考にする事数時間・・・
辛うじてモデリングできるようになりました。

↓まだ五号機外装部分の主要パーツのみ&細部はまだ書き込めてないですがこんな感じ。
無題
このままでもCreoElementsよりはるかに質感が良いですがここからもっと綺麗になります。

こんな感じに。
無題1
撮影用にパースペクティブ(遠近法)をON、影ON、エッジラインOFFにするだけでここまでリアルに・・・

もうこのCADで良いんじゃないかなw

数時間使ってみて気になった欠点をあげておくと

・機能が少ない。
  渦巻き状の構造を作るツール等はないためネジのような部品を作るのはあきらめたほうがよさそうです。その他ツールはそれなりに用意されてますが、CreoElementsのほうがツール類は優れてます。

・質量計算ができない。
  これは私が見つけられなかっただけかもしれませんが、比重を入力するような項目が見当たりませんでした。もし知ってる方が要れば教えてください。

・謎の保存エラーメッセージ
  思う存分書き込んで保存しようとした所、オブジェクトが何とか(文面忘れた)で保存できませんと警告が・・・最後に書き込んだパーツを消したら正常に保存できましたが、原因がわからず怖いです。

・謎の赤い点
  上の2つのスクリーンショットにも出てますが、グリップのずっと右(銃の左うしろ)のほうに謎の赤い点が・・・最初はスケッチで残った点かと思いましたがどうやら違う様で、消し方がわかりません・・・バグ?

・コンポーネントの親子関係をドラッグ&ドロップで変更できない
  Creoはドラッグ&ドロップで出来ますが・・・IFは楽に階層構造を変更できないんでしょうか・・?

・重い
  Creoより確実に描写が重いです。

大体こんな感じです。それとノンヒストリー系のCreoで育ったせいかヒストリー系であるIFはプロファイル内のログの量がうざいことこの上ないですw

しかしパーツ数制限が無い(たぶん)という事と無期限使用可能(かも?)という安心感はこれらの欠点を補って余りあるほどの長所なので、これからはこのIFを本命にしていこうかと思います。

あ、ちなみにInventorPro製品版は98万くらいするみたいです・・・

Category: CADソフト関連

tb 0 : cm 2   

Autodesk Inventor Fusion 

ネットを彷徨い続けていたところ
Autodesk Inventor Fusion 2013R1 なる3DCADを見つけました。
どうやらこれはAutodeskが今年売り出すといわれているクラウド対応CAD、Fusion360の前身として去年リリースされたフィードバック用のものらしいのですが海外サイトの隅々まで読んだわけではないのではっきりとはわかりません。
どうせ123Dみたいにかゆい所に手が届かないCADなんだろーとか思いつつも、とりあえず落としてみたら・・・こいつはつかえる!

ところで3DCADにはヒストリー系とノンヒストリー系があるっぽいのですが(最近知ったw)、今まで使ってたCreoElementsはノンヒストリー系で、このInventorFusionはヒストリー系です。
何が違うのかと言うと、ヒストリー系CADは物体をCAD内に作り出した時の作業工程がすべて履歴に残るのに対して、ノンヒストリー系のCADは作り出した物体がすべての結果であり、そこに至るまでの工程がまったく記録されません。
CreoElementsで育った身としてはノンヒストリー系のほうがドキュメント内がすっきりしてて好みです。


話が逸れましたが、このFusionを触って一番気に入ったのはUIです。123DのUIはあまりにもカジュアル思考すぎた上に機能が少なく30分で投げましたが(β版だった頃、今どうなってるかは知らない)このFusionはCreoElementsとさほど変わらないUIと必要十分な機能が付いてる感じでした。

で、1時間ぐらい色々弄って「こいつは使える!」と感じたのでCreoElementsではエラー吐きまくりでまともにモデリングできなかった五号機のグリップを作ってみました。
無題
グリップ部分の横幅が広すぎて納得いってませんが、適当に弄ってこんな滑らかな曲線が出せるんですよ?
Creoはスプラインで曲線を描いてプルした後エッジを丸めようとすると、フィレット同士がぶつかったりしただけでエラーで完了できないため、ぶつからないような半径にしたりと色々面倒でしたが、Fusionはこの通りグニャグニャに曲げた部分でも綺麗に処理してくれてます。Fusionの曲線処理能力はCreoElementsの上を確実に行ってますね。

さらに思わずニヤついてしまった機能がこれ
無題1
こんな感じでテクスチャ張れます。これはWoodのウォルナットと書かれてましたが、つや消しオリーブドラブの間違いじゃないだろうか・・・よーく見ると細かい木目が見えるんですけどねw

次、オーク材
無題2
なぜニスを塗ったし・・・

こんな感じでβ版っぽい雰囲気はところどころ感じられますが、数時間触った感触ではここ最近触れた3DCADの中で一番好感触です。昨日はPartModelerかなーとか言ってましたが、UI周りの使いやすさは確実にFusionの方が上です。
ただ一つ気になるのは、日本のAutodesk公式サイトでは配布してないんですよこれ。ここの32bitか64bitのとこから落とせるんですが、いつまで配布しているのか、機能制限などがかけられているのか、など詳しい事は私も知りません。

Fusion360の方は現在β中で、いずれ正式販売されるとこのInventorFusion2013R1はDLが出来なくなる可能性が高いです。落としておくなら今のうちに落としておくと良いかもしれませんが、そのうち起動できなくなっても責任は持てませんよ!

Category: CADソフト関連

tb 0 : cm 0   

PartModelerいじり中 

BlenderのUIが私には難解すぎたのでまたもや他の3DCADを弄り中。
今度はエッジキャム社のPartModelerです。本社はイギリスのようです。日本語公式サイトはこちら

このCADの体験版は使用期限やパーツ数制限などは無いようですが、図面の出力や互換性に制限がかけられるっぽいです。私は2D出力などは使わないと思うので、この制限はあまり足かせにならないと思い試してみました。

体験版で使用するには、インストール後の起動前に操作が必要なのでここを参照にしてください。登録など面倒な手続きは要らないようです。

で、早速起動して触ってみたのですが・・・なるほど、まったくわからん!

と言うわけで公式にビデオデモチュートリアルが上がってたので参考にしながらいじってると・・・

できた!
無題edge
・・・チュートリアル数ページ分の操作をするのに30分もかかりました。Creoなら数十秒で終わる程度のモデリングなんですけどね・・・

触った感想は、UIがちょっと前のCreoの様にコマンドを選択した先にさらに詳細コマンドがある様な感じで、パッと見て何が出来るコマンドなのか判りにくいのと、ワークプレーン的な概念がCreoとは違う事と、アセンブリなどの階層構造がよくわからないというか、何のデータなのかよくわからないものがアセンブリに入ってる?事でしょうか。

しかし操作感そのものは良好な上に、上のスクリーンショットのように曲線の描写はCreoよりきれいです。それに何より使用期限やパーツ制限数がない(あるかもしれないが情報不足のため今の所不明)のは大きな長所ですね。

とりあえずもう少し弄ってみて本格的に運用するか決めたいと思います。

Category: CADソフト関連

tb 0 : cm 2   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。