09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

hamu's Blog

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

セラバンド取り付け 

初速向上のためにはゴムが仕事する部分の重さをとにかく減らす事が有効なわけですが、試行錯誤の結果セラバンドと弾受けの直結接続が可能になりました。
CIMG0511.jpg
これで左右あわせて直径4mm長さ20cm分のロープがいらなくなったのである程度軽量化されたはずです。

で、装着するにあたって以前の35mm幅のままでは太すぎてスマートに固定できないので、テーパーもつけながらさらに細く裁断したんですが・・・ここで新兵器を投入!
CIMG0514.jpg
ロータリーカッター!これがあると裁断がめちゃくちゃ楽&キレイに仕上がります。

↓普通のカッター(刃は新品に交換済み)で裁断するとこうなります。ぶっちゃけ頑張れば普通に切れますが、ちょっと気を抜くとこんな感じにゴムの伸びのせいでヨレヨレに切れてしまいます。
CIMG0509.jpg

↓ロータリーカッターだとスッっと一瞬で切れます。撫でるぐらいの力で切れてしまうのでゴムの裁断が楽しくてしかたありませんw
CIMG0510.jpg
ようつべの人がこのカッターを使って楽々裁断してたのであったほうがいいんだろうな~とは思っていましたがここまで楽になるとは思っていませんでした。

で、できた弾受けとゴムセットを三号機に取り付けたわけですが、どうもフロントフォーク部に格好よく止める方法が思い浮かびません。とりあえず輪ゴムで抑えてみたのですが当然話にならない固定力なわけで・・・木の板か何かで挟みこんでネジ止めなんかが一番確実なのかな?
CIMG0512.jpg
あとこの写真の通り、弾受け止めを8cmほど前方に移動させました。

前から見た図。
CIMG0513.jpg
追加した板への塗装なんかはそのうちやるとして、このゴムの取り付け部分はなんとか隠せるようにしたい・・・
スポンサーサイト

Category: ゴム関連

tb 0 : cm 0   

違和感が無い 

CIMG0496.jpg
気がつきました?

CIMG0497.jpg
そうです、ゴム変えました!

やっぱ黒いゴムのほうが良いですね!ゴムの存在を感じさせないステルスっぷりです。

とりあえず今回は35mmx40cmの帯をわっかにして左右に一つづつ付けてみたんですが、これだと少し張力が足りないみたいで初速は48mpsくらいに落ちてしまいました。もうちょい細めに裁断したやつを片側2セットづつ取り付ければ55mpsに戻るかな~

あと、取り付け方法も根本的に変える必要がありそうです↓
CIMG0500.jpg
幅広ゴムのせいでゴムがいろんな所に干渉しちゃってます。案の定このまま数初試射したところスプリングにゴムが噛まれて2mmほど切れ目が入ってしまいました。

取り付け部のU字金具で留める方式ではなく、youtubeの人のように滑らかに加工した木に直接取り付けるほうが重量的にもゴム的にも適してると思うのでそのうち三号機のゴム取り付け部分を改造する予定です。

Category: ゴム関連

tb 0 : cm 4   

セラバンド! 

セラバンド!
CIMG0489.jpg
いや、別に筋トレ始めたとかじゃありませんよw

先日、ヒデヲさんに紹介していただいたYoutubeの動画を見たとき、私のスリングショットのゴムに対する考え方が変わりました。
ゴムってこんな高初速だせるのか・・・

上の動画で特に印象的だったのは、長い加速距離を与えるとゴムは細く弱くても十分なほど高初速を得られる事でした。弾の重さにもよりますが。

これはつまり滑車タイプのRSSなんぞ必要ないって事です。

しかし細く弱いゴムで長い加速を与えるというのは私のRSSでは難しい部分もあります。
・とにかく弾受けが重い。
・サイドレバー式やポンプアクションでは片手が届く範囲までしか加速距離を取れない。

上の2つを改良できれば80mps夢ではない!・・・かもしれない。


で、セラバンドの話に戻りますが、ようつべの人がセラバンドを使っていたので早速注文してしまった次第です。
CIMG0491.jpg
もちろん色は黒!これでもう「ゴムの存在感」なんてタグは付けさせないw

このゴムは幅14cmで長さ2mありますが、厚みが0.3mmとちょっと不安なほど薄いです。
CIMG0493.jpg
とりあえず適当に裁断してからみょんみょん引っ張ってみたんですが・・・なんだかこのゴム、チョコの良い香りがする!!!・・・のはどうでもいいとして、100mpsを超える初速をたたき出す力があるようにはとても思えないほど引きが軽い印象を受けました。

で、裁断したは良いんですが、弾受け側にどうやって取り付けようか考えてなかったので現在思案中です。直じゃ切れちゃいそうだしなぁ・・・



そういえば、最近またCAD弄ってます。
M3A1B.jpg
M3A1.jpg
なんだか三号機よりメタボってるように見えますが、FAMAS成分を排除してF2000成分をさらに注入した結果こうなりました。

全長は三号機より約10cm短縮しつつも加速距離はほぼ同じで、初速も55mpsの予定です。

ちなみに下の色分けされたCAD図はネジ止めで着脱可能な部分を水色にしています。接着されているパーツは赤です。

この三号機改良型はマウント部もネジ止めにする事で、室内射撃用のフラットなマウントに付け替えれば、室内でゼロインが可能になります。それとメインフレームの左右やアッパーフレームの上面にアルミ補強板を端から端まで追加することでさらに剛性を高める予定です。

ちなみに完成重量は短くなったのになぜか増加し、4kgほどを予定してますヽ(゚∀゚)ノ




Category: ゴム関連

tb 0 : cm 2   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。