05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

hamu's Blog

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

SURE HIT HIDE7 31042IRのレティクルを磨く 

もう何年前の事だか忘れましたが、確か三号機の屋外テスト用に購入したのがノーベルアームズのSURE HIT HIDE7 31042IRです。

2万円以下で買える(当時)スコープとしては十分な性能だとは思いますが、ウィンテージノブのプリントミスや面倒なボタン式のレティクル光量調整ボタンなど不満もそこそこあります。

で、今回は題の通りレティクルを磨いてみました。何を言っているのかよくわからないと思うのでこれを見てください・・・
CIMG1124.jpg
汚いですよね、びっくりする位。

でもねこれ、購入当時からほぼこのくらい汚れてました。


購入後すぐに書いたレビュー記事の写真にはゴミが写ってない様に見えますが、ゴミにピントがあっていないだけで実際に肉眼で見るとなんかブツブツが見える状態でした。それにしても上の写真は以前よりゴミが増えた気がしないでもないですが・・・

ともかく、これではスコープを覗く度にげんなりするので、分解して掃除すりゃ綺麗になるんじゃね?って事で分解してみました。

※分解するとメーカー保証を受けられなくなるので自己責任です。また、スコープ内部には窒素等の不活性ガスが封入されており曇り止めや腐食を防ぐ役割を果たしています。一度分解してしまうとガスは抜けてその効果はなくなってしまうと考えられる為、その辺りに不安を感じる方は素直にメーカーに相談されたほうがよろしいかと思われます。



まずどこから分解すればいいのかまったく判らなかったので、とりあえず接眼レンズ部分をを外せないか回してみたのですが、一定量回すと何かに引っかかって止まってしまいます。その何かはコレ
CIMG1126.jpg
小さなマイナスネジが接眼ベル裏側部分にあるのでこれを緩めるか取ってしまいます。


ごろん。接眼レンズが取れました。
CIMG1127.jpg
ひょっとすると接眼レンズ裏側も汚れているのではと思い確認してみましたが非常に綺麗だったので今回はノータッチです。

ではやはり汚れているのはガラスレティクルのどちらかのガラス面って事になるのですが・・・
CIMG1128.jpg
!?
CIMG1129.jpg
明らかにレティクルのガラスが汚れている・・・というか曇っているレベル。


角度を変えて手前側のガラス表面を観察してみましたが、こちら側はご覧のとおり光源を反射させて見ても汚れている感じはありません。
CIMG1130.jpg
念のため柔らかくてホコリの立ちにくい布で擦ってみてから組み立ててゴミが消えないか確認してみましたが見え方は変わらず。となると汚れているのはガラスレティクルの対物側でほぼ確定です。

レティクルガラスを外そうにもネジ止め箇所のようなモノが見当たらないので手前の筒をペンチでぐりぐりしてみたら外れそうだったため、引っこ抜いてみたらレティクルを止めるネジ部が見えてきました。
CIMG1132.jpg
外したカバーのような部分はパッキンと思われるゴム筒とゴム状の接着剤で止められていましたが引っこ抜く段階でゴムパッキンがちぎれたのでこのパーツを完全に元通りに復帰するのは難しいかもしれません。もっとも、このカバーを付けなくてもスコープとしての機能に何の影響もないのですが。

リング状のネジを外すとガラスレティクルが完全に姿を現しました。レティクル発光LEDはガラスレティクル側面から照射されるようです。てっきり手前側から光を投射しているものかと思ってました。光ってる部分は光らないレティクル部分と材質が異なる様ですが何を使っているのか素人の私には判断できません。
CIMG1133.jpg

逆さまにして叩いてもレティクルが取れないので接着でもされているのかと思いましたが、ゴムの粘着力で固定されていただけでした。レティクル外周部分を押すと斜めって浮いてきたのでそのまま摘出。
CIMG1134.jpg
左下の黒いのは下が分からなくならない様にマジックでマークしたところです。このレティクルには上下が無いのでどうでもいい事ですが・・・

レティクルを取り出した後の内部の様子。
CIMG1135.jpg
この奥にはズームレンズが見えたのですが、光の反射で確認する限りこのレンズは綺麗でした。



その後レティクルを磨いた所見違えるほど綺麗になったので元に戻して組んで整備完了!ゴミが付いたり内部に入り込んだりしないように急いで組み立てたため組み立ての写真は撮り忘れました。


そして結果がこちら。
CIMG1139.jpg
ゴミ一つ無いきれいな視界に・・・!
CIMG1140.jpg
・・・とはいかず、右上と左下中央付近に小さなゴミが1つづつ残ってしまいました。が、ちょっと拭くだけでここ迄綺麗になるのにそれをしない(できない?)のは中国製の限界なのかもそれませんね。


そんなわけで、ガラスレティクルの汚れでお悩みの方はバラして掃除すると救われるかもしれません。(何度も言いますが自己責任で!)
スポンサーサイト

Category: 光学機器関連

tb 0 : cm 5   

SURE HIT HIDE7 31042IR3-10X42 

今日は突然ですがノーエベルアームズが発売しているSURE HIT HIDE7 31042IR3-10X42というスコープのレビューしてみたいと思います。

スコープはすでに1つ所持してたのですが、購入してから10数年経過した安物(当時7000円位)と言うことと、三号機の試射においてアイアンサイトとそのスコープ付とで撃ち比べるとスコープ付のほうがなぜか集弾性が悪い事に疑問を感じ買い替えに踏み切りました。

で、SURE HIT HIDE7 31042IR3-10X42を選んだ理由は
①ミルドットレティクルな事。←ドットを有効活用して距離により狙点を変えるのに使えそう。

②レティクルが光る上に光り方が良い。←普通の光らないレティクルは黒いターゲットを狙うとどこ狙ってるのかわからなくなるから光るレティクルは絶対条件。光らせた時に内部で乱反射しないのも必須。

③可変倍率+サイドフォーカス。←最近は可変倍率が一般的だけどサイドフォーカス機能がないとピント合わせやら視差やら何かとめんどいので。

④実銃にも使える程度の信頼性。←どうせ買うならしっかりした物がほしいよね。

⑤値段が手ごろ。←一番重要かw

というフルイにかけたら残ったのはノーベルアームズのSUREHITシリーズとサイトロンのTR-Xシリーズしか残らなかった!

で、どちらも同じ中国の工場で生産してるらしいですが、ノーベルアームズは現地にスタッフを派遣して品質管理をしているとかしていないとか・・・

それに実銃競技でノーベルアームズ製のこのスコープを搭載している方も結構いるらしいので信頼性は高そう・・・ということでSURE HIT HIDE7 31042IR3-10X42を購入!

どーん・・・でかすぎ。
CIMG0334.jpg
手前のスコープはチューブ径24.5mmで奥のは30mm、ぶっちゃけチューブ径が変わったところで一回り程度大きくなるだけだろうと思っていた自分が甘かった。

というより明らかにノーベルアームズのHP情報の330mmよりでかい!と思って図ってみたら360mmもあるじゃねーか・・・なんで30mmサバ読んでるんだ?w

フードは80mmなんでフード付けると440mmぐらいになって一般的なキーボードより長くなる感じ。


!?
CIMG0332.jpg
スタッフー!現地スタッフー!!プリントずれてるよ!めっちゃずれてるよ!!!・・・ちょっとショックですがこういう製品がポロポロ出回るのは悲しいですね。

ウィンテージ側は正常。
CIMG0333.jpg
回し心地はエレベーション、ウィンテージ共にクリック感が心地よい感じで若干Oリングが粘っている程度。サイドフォーカスノブも滑らかに動き、ついグリグリ回したくなる感触。

可変倍率のダイヤルも若干硬めですが、滑らかに動きます。



ミルドットの様子。旧ロットはもっとドットが付いてたらしいけど新ロットは結構細く小さいレティクル。
CIMG0340.jpg
シャープなレティクルで的撃ちにはよさげな感じ。でももうちょっとドットが大きいほうが見やすいかなぁ・・・

最小照度でレティクルを光らせてみましたが対象物が明るいと光ってるのか光っていないのかわからないレベル。
CIMG0341.jpg

ですが、光を遮ってやると最小照度でもこんだけはっきり見えます。
CIMG0344.jpg

最大照度で光らせた状態。昼間とかならコレでよさそう。ただ、周辺が暗いと少しだけ内部の構造物で反射して見えます。レオポルドのコピー品(通称パチポルドw)のようにぎらっぎらに乱反射することはありませんでした。
CIMG0343.jpg


三号機に搭載。ん~いいね~そしてでかい。
CIMG0349.jpg
そういえば三号機は高さ1mの作業台から落とした事があり、その時に何箇所か凹ましてしまいました。フォアグリップとグリップの上部の塗装剥げてるところがその跡の一部です・・・

いつものアングル。
CIMG0347.jpg
バイポッドとスコープで相当点数稼いでルナw

試射した感じでは旧スコープでたまに出ていた飛びもなく良い感じです。室内射撃だと1ホールで面白くないので早く広い所で試射したいな・・・


ミルドットの仕様は、倍率10倍時に100メートルの距離でドット間が100mmらしいので、各倍率時と距離におけるドット間の長さを計算してみました。

下の表が各距離(メートル)におけるドット間隔(ミリ)の計算表です。割り切れるものは赤字。割り切れないものは黒字で適当に四捨五入してます。
3倍4倍5倍6倍7倍8倍9倍10倍
10m33mm25mm20mm17mm14mm12.5mm11mm10mm10m
20m675040332925222020m
30m1007560504337.5333030m
40m13310080675750444040m
50m167125100837162.5565050m
60m2001501201008675676060m
70m23317514011710087.5787070m
80m267200160133114100898080m
90m300225180150129112.51009090m
100m333250200167143125111100100m

10倍時はもちろんの事、4倍と5倍が近距離での距離測定に使えそう。まぁ、あくまで目安ですが・・・

スコープの対物側の外径は約50mm、チューブ径は30mm、接眼側の外径は約42mmです。
CIMG0356.jpg
マウントリングは同じノーベルアームズのトリプルナットマウントミドルです。

高さ15mmのマウントリングだと対物側のレイルとの隙間は約5mm、接眼側は約7mmで、付属のレンズキャップをつけてもレイルとの隙間はまだかなりあります。

あと3~4mm程度低いトリプルナットマウントリングがあったらよかったのにな・・・




私がこのスコープで唯一気に入らない場所がここ。 (プリントズレも気に入りませんがw)
CIMG0360.jpg
電池収納スペース後部のイルミネート発光用のプッシュ式スイッチが気に入りません。

まず、ぱっと見て今スイッチが入っているのか入っていないのか、スコープを覗いてみないと確認できません。

一応どの段階の照度からでもスイッチを長押しすると消灯するのですが、視覚的には覗いてみないと確認できないのは致命的だと思います。

当然、このプッシュ式のスイッチ&照度調整は、今どの段階の照度なのかもパっと見わかりません。

私としてはダイヤル式のスイッチ&照度調整のほうがよっぽど使いやすいと思うんですが・・・






あと、本当は外の景色を覗いた写真なんかを貼りたい所ですがコレがなかなか難しい・・・スコープを机に置いてカメラのレンズで覗くのとわけが違う!うまく取れるまでもうちょい時間か道具が必要そうなのでそのうち追記か後編として写真貼る予定です。

Category: 光学機器関連

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。